2019年3月7日木曜日

ウタ、ライブ2出演者紹介その5「ダンカンバカヤロー!」

今回の企画に集まってくれた人たちは全員、私の考える「ウタ」を歌ってくれる(たとえインストであっても)人たちなのですが、中でもダンカンバカヤロー!は最もシンプルな形でそれを届けてくれるバンドだと思います。

「ウタ」の面白いところは、普段の言葉遣いと違う音使いで言葉を使って、裏切るところです。つまりメロディがあればウタかと言えばそうではないですし、逆に言葉があっても何かを裏切り視点をズラした上で納得させなければウタとして陳腐になってしまう。転じて、メロディに限らず拍子、リズム、構成、魅せ方、選ぶ言葉、が予定調和でない、思ってもいないところに連れて行ってくれるのが「ウタ」の本質なのではないか。そう思います。

ところで、行きたかったけれど行けなかったライブに、小仏のドラマー奥山君が主催した"korekara doshiyo"というタイトルの企画がありました。
そのころ私は完全な無職で、すると周りにも同じような友達ばかりができて、当時は石を投げれば無職に当たる、と言った有様でした。
もちろん、一口に無職と言っても色んな無職がいます。働きたくないだけの無職、働けない無職、働く前の無職(学生)、働かないことで何かをなしたい無職、無力感、現実逃避、世間への反逆、周りに流されて……理由は多種多様でしたが、頭の中は多分みな同じだったような気がします。

「これから、どうしよう」

ダンカンバカヤロー!のCDを買って一番最初に聴いたのが”これからどうしよう”という曲でした。「あ、あの企画と同じタイトルだ」……と、タイトルに惹かれて聴いてみたら、まず単純に曲がいい。シンプルで短いイントロに、同じコード進行のサビから始まる「だけど、だけど、だけど、これからどうしよう」というキャッチーな言葉のリフレイン。
さて、しかし、何が「だけど」なのだろう。そう思って聴いていたら、終盤の歌詞で、とある映画が一番好きだ、と歌われるのです。そしてまたサビ

「……だけど、これからどうしよう」

好きな音楽や、映画や、本や、何がしかをあのころ私の周りに居た人たちはみんな持っていました。興味のない人間からしたら「だからなんなんだ」というようなものを。何者でもないのに、大事なものだけは抱えきれないくらいに持っていました。
"これからどうしよう"は、音が、言葉が、予想もしなかったところに、他人が簡単に踏み入れられない過去にまで連れていってくれて、だからこの曲が、本気で、この世のすべての音楽の中で、私は10本指に入るくらい好きなのです。
そしてこの曲を作ったダンカンバカヤロー!というバンドは、ずうっと予定調和を乱し続けている( 例えば、"お風呂大好き100連発"という、「風呂がいかに素晴らしいかだけをただただ歌い上げる曲」1曲をひたすら演奏し、体力の果てるまでそれを繰り返すワンマンライブとか。呆れ果てて感動した)、誰よりもちゃんとしたウタを歌うパンクバンドなのです。
(評者 Vo,Sax:及川耕碩)




ウタ、ライブ2出演者紹介その4「RUINS alone」

初めまして。ドラムやギターのサポートとして参加しております、矢野です。学生時代はプログレのコピー等をしておりました。その中でも、YBO2や是巨人、高円寺百景等のコピーをしたことが印象に残っております。
そんな私がドラムとして出演する今回の企画ですが、RUINS Aloneが出ると聞いて笑ってしまいました。そうです。そういうことです。ありがとうございます。曲を覚えることは疎か、ノることもできないでしょう。そもそも何をやっているかも理解できないでしょう。しかし、RUINS Aloneの暴力に思考を奪われ、我々はただ呆然と、ただ立ち尽くすことしかできないでしょう。そして真に圧倒された時、人は笑うことしかできないのだと悟るでしょう。
そういうことだ。よろしくな。
(評者 Dr:矢野)
 

 

2019年3月6日水曜日

ウタ、ライブ2出演者紹介その3「MONEYiSGOD」

ある日、サポートで叩いてくれているドラムのヤノ君が酒席で拡声器について熱く語っていました。

「拡声器をつかっても、思いが届かないところが美しんじゃないですか!」

ヤノ君は若いのに、寺山修司や三島由紀夫や大江健三郎が好きなのです(これくらいは書いても怒らないでしょう)。どうりで俺と話が合うわけだ。
で、その場は酒席で、私も「いやいや、拡声器はないでしょう」みたいに言っちゃったんですが、ごめん、ありゃ嘘だ。確かに拡声器の美的な美しさってあります。もう、俺は照れちゃうけど、良くないね。そういうのほんと。ちゃんとカッコつけよう。

さて、いわゆるハードコア・パンク。このジャンルは、拡声器に似た悲しさ美しさがあるような気がするのです。
元々私は音楽に疎いほうで、最初に音楽が好きになったときにもまず言葉ありき、歌ありき語りありきで、バンドというのはあくまで「バックバンド」が基本でした。今もおそらくまだその心根は残っていて、企画タイトルも「ウタ」をやるから「ウタ、ライブ」といった具合ですから。
つまり「届くウタ」「何を言ってるか聞き取れるウタ」が最高!で、ハードパンクやニューウェーブなどでも、あくまで言葉の聞き取れるパンクが好きでした。

それがいつの頃からか、洋楽とか無調性音楽を好んで聞くようになっていきました。純粋に、音だけで聞けるところが良かった。日本人の日本語の歌詞だと、考え方や美的感覚の違いがダイレクトに迫ってきて苦しくなってきたのです。
同時期、今までうるさいだけに聞こえていたハードコアも好きになってきました。

ハードコアの基本は、歪んだギター、シンプルな構成、煩いドラム、埋もれる声と早すぎて何を言ってるか聞き取れない歌詞。なのに、メッセージ性はすこぶる強かったりする。
少し前にリバイバル上映されていた「ちょっとの雨なら我慢」を観た時、とても暴力的でアクティブなのに、なんだかエンドロールで悲しくなりました。それは届かなかった、けれど確かにあった何かがスクリーンに写っていたからだと思うのです。

伝説的なハードコアバンドASBESTOSのボーカルだったKANさんがフロントマンを務めるMONEYiSGODは、音楽的にはとてもポップだし、リズム隊がめちゃくちゃに上手い(なにせ現マリア観音と、元マリア観音がタッグを組んでいる)、KANさんの強い声はバンドを突き破って聴き取れる。なのに、どこか聴いていて悲しくなるのです。
ハードコア・パンクは、激しいだけじゃダメです。悲しくならなきゃダメです。
 (評者 Vo,Sax:及川耕碩)



https://moneyisgod.jimdo.com/

ウタ、ライブ2出演者紹介その2「小仏」

第1回に引き続き出演いただく「山梨のMassacre」こと小仏。前回(2018.7.14)の紹介ブログでは「なぜ誰も東京に呼ばないのでしょう?」「ちゃんと、知られていないからです。」と記載していましたが,我々の思惑?どおり,前回企画の以降は,都内企画にも次々と引っ張りだこになってます。
インストプログレですが,マニア向けのとっつきにくいものでは一切なく,美しいメロディと鋭い緩急のついたポップな楽曲展開,音色の調整・バランスの良さで,ライブで初めて聞いてもいい曲であることがすぐわかるすごいバンド。今回の出演後はさらに飛躍すること間違いなしです。

(評者 Gt:百萬石マツリ)




2019年3月5日火曜日

ウタ、ライブ2出演者紹介その1「死神紫郎」

2月2日、死神紫郎さんの自主企画「四人の死角vol.3」へ。死神さんは死神さんが死神さんだったころから(死神さんは昨年改名されて「死神紫郎」さんになりました)度々企画を行っていて、どれも必ず「あー、死神さんの企画だ」と思わされるオリジナリティの塊みたいな、かつ良質な企画なのです。
翌2月の3日は、  今回てろてろが企画を行う東高円寺二万電圧で行われていたコピバン企画へ。お目当てのムJAPAN(Xの一人カバー。むちゃくちゃだ)以外のバンドも観たのですが、どれも上手いしオリジナルへの愛が感じられました。
2日続けて良いライブを観た私は、丸ノ内線に乗り込み、「ええもん観たわ」とホクホク帰途についたのです。

帰りの電車でボンヤリ「良いコピーと、悪いオリジナルならばどちらが良いのだろう」と、考えるともなく考え、がたんがたんと電車に揺られていました。

良い悪いというのはとても曖昧な基準ですが、自分の中の尺度の一つに「自我が滅失した見世物」というものがあります。
個人というのは他者との関係性で生まれるものですが、自身を顧みても、その個人の中の我欲、私欲、損得勘定が極端であるとき、自分の中の他者が限りなく0に近く消えてしまったときの人の振る舞いはとかく無様なもので、「オリジナルであること」に拘るという行為も、私には似たものでした。
というのも、私自身長くコピーバンドをやっていて、コピーというのは自分を消して何者かに成り代わる行為ですから、愛で言うならアガペー、全身を投げ出して自分が消えるといいライブができるわけだ、とそういう実感があったのです。
ガタゴト、ガタゴト、東高円寺から新宿までは8分です。お酒も沢山飲んでいたので、時間はもっと速いです。思考がどんどん過去へ過去へと進みます。

インターネットが発達して、消費者としてはこれ以上なく良い環境が整ってきています。にも関わらず作られる「オリジナル」、これは相当に難しい。
オリジナルの語源はオリジン、源泉という意味だそうですが、つまりその人から湧き出ているとわかれば(思わせてもらえれば)、形式や方法論が同じでもオリジナルに感じられるはずです。
継ぎ接ぎや 剽窃がいとも簡単にわかってしまう時代に、オリジナルな表現、その人でなければいけないと「思える」表現をするには、その人の人生を、命をかけなければいけない。そうしなければ、良い表現(自我の滅失した、それがそれであることにだけ意味のある)は作れない。逆に言えば、簡単に「良い表現」をしたいなら、簡単に自己を滅却できる「コピーバンド」が一番いい。
……というのも、「オリジナル」の名のもとに行われるちくともオリジナルでも新しくもないだらしないステージや、逆にオリジナルに拘りすぎて音楽はおろかパフォーマンスにもならない何かを観すぎていたから、本気でそう思っていたし、今でもやっぱりそう思います。
自分を極めて自分を超えていくというのはそれほど難しいことのはずで、みんなから「ニセモノ」「まがいもの」と言われ続けてそれでも続けた果てに成れるもののはずです。死神紫郎さんは、ニセモノでしょうか。本物でしょうか。私の中ではすでに結論が出ているのですが、答えは皆さんに実際の生のステージを観ていただいて、判断して頂きたい。

ところで良い企画というのは、その企画者自身の要素が各出演者に感じられる、それが総体となってどれ一つ欠けても成り立たないと、観終わったあとの観客がそう思えるものですが、そのためにはただ自分の好きなバンドや表現者をより集めるだけでは難しいものです。死神さんはプレイヤーとしてだけでもなく、オーガナイザーとしても優れた方だと思います。それぐらい、自身の「オリジナリティ」が際立っているということです。
(評者 Vo,Sax:及川耕碩)






2019年3月4日月曜日

ウタ、ライブ2告知動画


ウタ、ライブ2を紹介していただきました

indiegrabさんで「ウタ、ライブ2」の告知宣伝をしていただきました。

http://indiegrab.jp/news/65447/

東京を中心に活動するバンド てろてろは、自主企画『ウタ、ライブ2』を3/8(金)に東高円寺の二万電圧にて開催。

出演はRUINS alone、小仏、死神紫郎、ダンカンバカヤロー!、MONEYiSGOD。

プログレとパンクを基調としながら、言葉とメロディを異化した「ウタ」、予定調和でないウタ本来の形を感じさせるというイベントとなっている。

2019年2月5日火曜日

ウタ、ライブ2

ウタ、ライブ2を行います。


平成31(2019)年3月8日(金)
 東高円寺 二万電圧

第二回てろてろ企画
【ウタ、ライブ2】

OPEN.18:00/START.18:30
ADV.1500 DOOR.1800
(プラスドリンク500)

出演

RUINS alone

小仏
死神紫郎
ダンカンバカヤロー!
MONEYiSGOD
てろてろ

※てろてろのメルマガ読者は、入場時メルマガ画面提示で予約なしの前売料金


今回も各出演者様の紹介を随時していきます。
皆様、3月8日はぜひ、東高円寺へお越しくださいませ。




2018年7月14日土曜日

「ウタ、ライブ」タイムテーブル


ウタ、ライブ出演者紹介その17「DJ手塚」

DJ手塚


7月14日(土)に高円寺DOM studioで行われる第一回てろてろ自主企画 「ウタ、ライブ」の出演者を、てろてろの各メンバーが紹介していきます。第十七回はDJ手塚です。
 
たった一回で終わってしまった、「ハトックシュウゼン事件」という、音楽と演劇と朗読などが一体となった不思議なイベントがありました。
隙間なく……というよりもすべてが有機的に絡み合って隙という感覚を忘れてしまうような、全員違うことをやっているはずのバラバラの出演者が、一つになってステージを作り上げていました。舞台の上で、エフェクターつけた包丁でなめろうを作ったりしてたから、料理の要素もあったかもしれない(今書いてもなんだかよくわからないな)。

ハトックシュウゼン事件の主催である手塚君とは、それ以前から知り合いだったのですが、お互いいつどこで出会ったのかよく覚えていません。お互い趣味がまったく違ったので、インターネット経由でないのは確かです(当時彼に「最近、谷川俊太郎の詩の良さに気づいた」と言ったら鼻で笑われ、私は私で彼が得意なポストモダンやらニューアカやらに理解がなかった)。お互いなにがなんだかわからんまま数年間、つかず離れず時々遊んでいたのですが、まさかこんな長い付き合いになり、ライブの撮影までしてもらうようになるとは思わなかった。

ある時ふと、ハトックシュウゼン事件が、ある時代のフリージャズのイベントを模した、現代風にアップデートしたものだったのでは?と気づきました。
彼が、日本フリージャズ界黎明期を支えたプロデューサーであり、評論家でもある故・副島輝人さんの弟子筋に当たるということを知ったからです。 副島さんは、肉体労働しながら、海のものとも山のものともしれぬ前衛ミュージシャンの表現の場を作っていた人でした。ハトックシュウゼン事件は、そういった表現の幅への懐の深さ、みたいなものを副島さんから受け継いでいたように思うのです。

中上健次、保坂和志、山下澄人、柴崎友香、セシル・テイラー、デレク・ベイリー、スティーブ・レイシー、ナウ・ミュージック・アンサンブル……純文学といったら町田康、フリージャズといったら阿部薫程度しか知らなかった私に、手塚君が教えてくれたものです。私は彼によく天皇とか関東周辺の被差別部落の話とかしてます。
お互いに全く知らない、興味のない、むしろ反発するような趣味を、吸収しあって変容していく。そういうことのできた、私にとって、コミュニケーションへの絶望にほんの少しの希望を残してくれた男なので、今回は屋上でDJをやってもらうことにしました。
きっと皆様にもなにか、今までにない、素敵な曲と出会わせてくれるのではないでしょうか。

INSPIRATION & POWER 14 Free Jazz Festival」という、副島さん主催のフリージャズのイベントを音源化したアルバムがあるので、こちらもぜひ手にとってみてください。
https://www.amazon.co.jp/Inspiration-Power-Free-Jazz-Festival/dp/B003JH596Q
(評者 Vo,Sax:及川耕碩)

2018年7月13日金曜日

ウタ、ライブ出演者紹介その16「三上寛」

三上寛


7月14日(土)に高円寺DOM studioで行われる第一回てろてろ自主企画 「ウタ、ライブ」の出演者を、てろてろの各メンバーが紹介していきます。第十六回は三上寛です。 

「本当に初めてこのシーンに足を踏み入れたものに、初代の王位を与えられるなら!三上寛に、三上寛に、三上寛に与えてくれ!」

と叫んだのは、80年代のハードパンク・バンドばちかぶり。
もはや説明不要にも思えるアングラフォークの帝王・三上寛さんの踏み入れたシーンとはどこなのか?与えるべき王位とはなんなのか?

「詩人というのは結局は、自分の一語に出会うということではないだろうか」
「生涯かけて一語にこだわり続ける事、それが詩人の役割というものではないだろうか。一語にこだわり、一語に死ぬことで、個々の言葉に魂が宿るのだろう。『オマンコ!』にこだわり、それが生涯の一語になるのなら、それはその人の、究極の一語になって言葉に返ることができるだろう」
(「三上寛 怨歌に生きる」)

なんと美しく、なんとパンクな言葉でしょう。
パンクというジャンルは、つまるところ幼稚で甘ったれでわがままで、直截的で激しい欲望が詰まったガラクタ。欲望は偏執的に加速し、カラダを追い抜き心を追い抜き、何者でもなくなって溶けて、そして死ぬ。
三上寛さんの書く詩、歌、ウタ。生活であり生殖であり聖域であるそれらの作品は、フォークシンガーかつ怨歌歌手でありながら、日本に初めて出現したパンクスのそれだったのではないでしょうか?

「サルトル、マルクス並べても 明日の天気は分からねえ ヤクザ映画の看板に 夢は夜ひらく」
(「夢は夜ひらく」)

バンドも生活もどうにもならず、何をどうすれば良いのかわけのわからなくなっていた頃、無力無善寺というライブバーで定期的に開かれている三上寛さん出演の企画に、私は「てろてろ」名義でソロの弾き語りをしました。
私はギターなんて全然弾けやしないし、それさえあればどうにかなるかもしれない愛着すらありませんでした。演奏はボロボロでオリジナルの曲も稚拙極まりなく、指を弦で切り、ギターは汚れていきました。
三上さんのステージは、声、曲、佇まい、すべてが圧倒的でした。私は、あそこで一度、殺されました。

そこから色々な縁があって、「てろてろ」が動き始め、今の形態にまで落ち着くのに2年がかかりました。私は、ずうっと、三上寛さんを呼べるようなバンドになりたいと思っていて、ライブを、ウタを続けて、その願いが明日、叶います。「このシーン」の王者を、皆さんぜひ生で見に来てください。

排他的中産階級コラージュパンクス。
インターネットや昔の雑誌を読んで、アングラパンクの勉強をして、女や家族に食わしてもらうのはもう辞めて、家から飛び出して、自立した本当のパンクスになろう。
 (評者 Vo,Sax:及川耕碩)





ウタ、ライブ出演者紹介その15「gloptin」

gloptin


7月14日(土)に高円寺DOM studioで行われる第一回てろてろ自主企画 「ウタ、ライブ」の出演者を、てろてろの各メンバーが紹介していきます。第15回はgloptinです。


フロアタム,ドラム缶,調理器具のボウルなどを魔改造し,エフェクトをかけて叩きまくる,唯一無二の内容で各ライブハウスでおなじみのgloptinさん。個人的には照明も含むめちゃくちゃ忙しい機材オペの巧みさにいつも目が行きます 観客をめちゃめちゃ盛り上げていても手と足は常に冷静。今回もみんなでフライパン叩きましょう!!(評者 Gt:百萬石マツリ)


ウタ、ライブ出演者紹介その14「小仏」

小仏


7月14日(土)に高円寺DOM studioで行われる第一回てろてろ自主企画 「ウタ、ライブ」の出演者を、てろてろの各メンバーが紹介していきます。第十四回は小仏です。

甲州のジョン・ゾーンことSaxの佐野さんを初めて観たのは、神楽坂にあったライブハウスに毎日のように通っていた頃、「大菩薩」というバンドで演奏していたのを観た時でした。Drの、山梨のチャールズ・ヘイワードこと奥山君とはかなり長い付き合いで、もう10年近く交流があります。彼とは個人的な節目節目に色んなバンドをやっていて、とてもお世話になっています。私が初めて人前で即興をやった「ビッグストレス」というバンドでも、彼が後ろで叩いていました。

小仏は、この大菩薩のメンバー二人が活動休止中に始めたバンドと記憶しています。なので最初に知った時は、失礼ながら大菩薩が再開するまでの中継ぎのバンドなのかな、と思っていました。音はミニマルで、名義も「大」に対して「小」ですから。
ところが、いつの間にかギターとベースが加わり、重みのあるバンドサウンドへと変貌。ライブも頻繁に行い、プログレ、ニューウェーブ、フリージャズ……どのジャンルにも当てはまりそうで当てはまらない、唯一無二のバンドとして活動を続けています。
これほど壮絶な演奏力で音圧が上がってなお、軽快さを感じさせる洒脱さは、フロントマンである佐野さんの人間的な粋さでしょう(なんていうと、嫌がりそうなのですが)。私にとって、うしろまえさかさ族が「陽」の、子供のような爆発力への憧れならば、 小仏は「陰」の、大人の落ち着きを持った憧れです。

しかしこんないいバンドが、東京ではなかなか見る機会がありません。なにせ山梨のバンドです。けれどそれにしても、こんな凄いバンドを呼ばない手はありません。なぜ誰も東京に呼ばないのでしょう?なぜ、誰も紹介してくれないのでしょう。
ちゃんと、知られていないからです。ちゃんと、よいものを紹介しようという気概を持った人に、見つかっていないからです。

本当は、自分の企画で小仏は呼びたくありませんでした。企画で呼んだバンドのライブは、まともに最後まで観ることはできません。私的にはなんの得もないです。
けれど、他に誰も東京に呼ばないのなら仕方がありません。大勢の人に観てもらうべきバンドは、自分で呼んで、営業して、観てもらうしかありません。
今度は、小仏を観に来たあなたが、小仏を東京に呼んでください。山梨にも、小仏を観に行ってください。私も、あなたと一緒に観に行きます。(評者 Vo,Sax:及川耕碩)